会社の会計を把握する方法

会社に勤務している方は、会社のお金の流れを把握したいと思われた事が一度はあるのではないでしょうか。
会計を把握すれば、その会社のお金の流れを把握する事ができます。

会計とは、個人または共通の目的をもった個人の集合体である組織の活動状況や現状を固有の記録、計算技術を用いて情報化し、これを関係者に伝達して利用する活動の事を表します。




では会社の会計を理解するには、どうすれば良いのでしょうか。
それは簿記を勉強する事です。



簿記とは、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録、計算、整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記の技能を取得すれば、会社の会計を理解する事ができます。



私も会社の会計を理解したいと思い、簿記の資格を取得しました。

そのおかげで経理事務の仕事に就く事ができ、会社の日々の経営活動や経営成績などの財政状態を把握する事ができるようになりました。

では簿記を把握すると具体的にどんな事がわかるのか、ご説明したいと思います。

まず日常的な金銭の出し入れなどの取引を仕訳と呼ばれる作業で帳簿に記録、分類し、試算表とよばれる一覧表に集計します。
そして1年間の儲けの計算や財産、借金などの金額を計算します。



これを決算といいます。
決算では、決算書と呼ばれる外部向けの報告書類を作成します。決算書とは別名、財務諸表とも呼ばれ、損益計算書と貸借対照表にわかれます。
損益計算書とは、一定の期間でいくら利益があったかを示す書類の事で、貸借対照表とは一定時点での財政状態を示す書類のことです。
財務諸表を理解する事ができれば、その会社の経済状況を理解する事ができます。



私も簿記の資格を取得し、経理事務の仕事をするようになり、どれくらいのコストがかかっているのか、営業利益はどれほどあるのか、純利益がいくらなのかなどを理解できるようになりました。

また、使いすぎている費用なども把握できるようになり、何を節約するべきなのかなども理解できるようになりました。


このように会計を理解できるようになると、自分の勤務している会社や取引先の会社の状況も把握できるようになります。

みなさんも勉強してみては、いかがでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=SJwVb-UOciQ
https://www.facebook.com/gleamco.ltd
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/156984.html